2013年 お節料理ランキング 口コミで人気のおせち料理はどれ?

紅白なますの作り方

「紅白なます」は、水引なますとも呼ばれ、おめでたいお正月料理には欠かせない一品です。

 

子供は、あまり好きではないかもしれませんが、大人には、隠れた人気の逸品です。

 

おせち料理には、生野菜が少ないですから、少し余分に作ってもいいかもしれませんね、
また、市販のおせち料理に追加で一品加えてもいいかもしれませんよ!

 

ここでは紅白なますのレシピを紹介しますので、一家の平安を願って作ってみてくださいね。

 

材料

 

大根…400g、
にんじん…50g、
塩…小さじ1、
甘酢(酢…1/2カップ、砂糖…大さじ2、塩…少々)、
だし昆布…5cm角1枚、
赤唐辛子…1本

 

作り方

 

  1. 大根、にんじんは皮をむいて5cm長さに切り、縦に薄く切ったものを少しずつずらして重ね、

    端から細く縦にせん切りにします。

  2. せん切りにした大根とにんじんをボウルに入れ、塩をふって軽くもみ、20分ほどおきます。

    しんなりしてきたら水気をしっかりきります。

  3. 甘酢の材料を合わせてよく混ぜ、だし昆布を入れておきます。

    そこへ「2.」を漬け込み、赤唐辛子を丸のまま入れます。

  4. 昆布がやわらかくなったら取り出し、細く刻んで再び混ぜます。
  5. 盛り付けるときには、好みでレモンの皮の千切りを散らしたり、

    ゆでた三つ葉の茎を飾ってもよいでしょう。

 

赤唐辛子は辛み付けのためではなく、防腐の役目として加えています。

 

今回のレシピには、だし昆布を入れてありますが、入れていないレシピも多いです。
色合いの好みに合わせて工夫してみてくださいね!

 

それから、今回のレシピでは大根とにんじんの割合は8対1で作ってありますが、
にんじんは多くても大根の1/4量くらいまでとした方が色合いがきれいですよ。

紅白なますの作り方関連ページ

伊達巻
伊達巻。甘くて、ふわふわしていて、おいしいですよね。子供たちも大好き!伊達巻は、結構簡単に作れるんですよ〜
たたきごぼう
ごぼうは、その形から、細長く慎ましく生きる、という縁起をかついだ食材です。また、地中の深くまで根っこを張ることから、家業が堅固となることを願って使われています。「たたきごぼう」のレシピを紹介します。
栗きんとん
栗きんとん好きの方がいらっしゃったら、 がんばって、これだけでも作ってみてはいかがですか?栗きんとんは、「金団(きんとん)」という文字があてられ、富を呼ぶようにとの願いをこめて作られます。
田作り
田作りは祝い肴、あるいは屠蘇肴と言われる三種肴のうちのひとつで、小さいカタクチイワシを使って作るので、そのカルシウム豊富な栄養面もあり、子どもにもぜひ食べてもらいたい料理です。
数の子
数の子はにしんの卵で、一腹の卵の数が多いため、子孫繁栄をあらわす縁起物として昔からお正月料理のひとつに並べられてきたものです。お正月の三種肴として黒豆、田作りと並んでいます。
黒豆
栗きんとんに並んで、我が家で人気のおせち料理といえば、黒豆。黒豆は、一年中まめに働いてまめに生きるという意味があり、健康にくらせるようにとの願いが込められています。

ホーム RSS購読 サイトマップ