2013年 お節料理ランキング 口コミで人気のおせち料理はどれ?

黒豆の作り方

栗きんとんに並んで、我が家で人気のおせち料理といえば、黒豆。

 

黒豆は、一年中まめに働いてまめに生きるという意味があり、
健康にくらせるようにとの願いが込められています。

 

 

材料

 

乾燥黒豆…2カップ(300g)、
水…1400ml、
砂糖…250g、
しょうゆ…大さじ1、
塩…小さじ1弱

 

作り方

 

  1. 乾燥黒豆は、割れているものや虫食いを取り除き、よく洗ってザルにあげて水を切ります。
  2. 鍋に水1200mlを入れて火にかけ、煮立ったら火を止めて砂糖、しょうゆ、塩を加えてよく混ぜます。
  3. その鍋に「1.」の黒豆を入れて一晩置きますが、

    古釘や鉄玉を入れる場合はここで一緒に入れておきます。 
    (古釘や鉄玉の鉄分が黒豆の色を保ち、きれいな色に仕上がります)

  4. 一晩置いた「3.」を強火にかけ、沸騰したら水100mlを加えアクを取り除き、

    さらにもう100mlの水を加えて再び煮立て、もう一度アクを取り除きます。

  5. 「4.」に落し蓋をして、ごく弱火で5時間ほど煮ます。 

    途中で煮汁が少なくなったら分量外の水を足し、
    豆が常にひたひたの状態でいられるようにしてください。
    指で豆がつぶせるくらいになったら出来上がりです。

 

この黒豆、豆にしわが寄らないように、つやつやと仕上げるのが一般的なんですが、
関東風では、「しわのできるまで長生きできるように」と
わざと豆の表面にしわを寄せて煮るのだそうですよ。

 

黒豆の作り方関連ページ

伊達巻
伊達巻。甘くて、ふわふわしていて、おいしいですよね。子供たちも大好き!伊達巻は、結構簡単に作れるんですよ〜
紅白なます
「紅白なます」は、水引なますとも呼ばれ、おめでたいお正月料理には欠かせない一品です。おせち料理には、生野菜が少ないですから、少し余分に作ってもいいかもしれませんね、また、市販のおせち料理に追加で一品加えてもいいかもしれませんよ!
たたきごぼう
ごぼうは、その形から、細長く慎ましく生きる、という縁起をかついだ食材です。また、地中の深くまで根っこを張ることから、家業が堅固となることを願って使われています。「たたきごぼう」のレシピを紹介します。
栗きんとん
栗きんとん好きの方がいらっしゃったら、 がんばって、これだけでも作ってみてはいかがですか?栗きんとんは、「金団(きんとん)」という文字があてられ、富を呼ぶようにとの願いをこめて作られます。
田作り
田作りは祝い肴、あるいは屠蘇肴と言われる三種肴のうちのひとつで、小さいカタクチイワシを使って作るので、そのカルシウム豊富な栄養面もあり、子どもにもぜひ食べてもらいたい料理です。
数の子
数の子はにしんの卵で、一腹の卵の数が多いため、子孫繁栄をあらわす縁起物として昔からお正月料理のひとつに並べられてきたものです。お正月の三種肴として黒豆、田作りと並んでいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ