2012年 お節料理ランキング 口コミで人気のおせち料理はどれ?

数の子の作り方

我が家では、あまり人気がないのですが、
時々、塩漬けの状態で数の子をいただくことがあります。

 

どーすればいいのか、わからなくて調べたことがあったので、
ついでに数の子の作り方も紹介しておきますね〜(^-^*)

 

数の子はにしんの卵で、一腹の卵の数が多いため、子孫繁栄をあらわす縁起物として
昔からお正月料理のひとつに並べられてきたものです。

 

お正月の三種肴として黒豆、田作りと並んでいます。

 

材料

 

塩数の子…100g、
塩(塩抜き用)…少々、
だし汁…140ml、
しょうゆ…50ml、
みりん…大さじ2、
糸がつお…少々

 

作り方

 

  1. 塩数の子は薄い塩水につけ、一晩〜2日間、水を替えながら塩抜きをします。

    完全に塩けが抜けてしまうとうまみもなくなるので、時々味を見ながら塩抜きをしてください。

  2. 数の子の表面の薄皮を、竹串を使ってそっとていねいにむきます。
  3. 数の子を手で一口大にちぎります。 ここで包丁を使って切り分けると

    見た目にはきれいなのですが、金気が出てしまう場合があります。

  4. 数の子の余分な水分をペーパータオルなどで包んで取っておきます。
  5. だし汁、しょうゆ、みりんを小鍋で人煮立ちさせ、冷ましておきます。
  6. 数の子に「5.」の汁をかけて1日置き、味をなじませます。
  7. 盛り付けるときに、糸がつおをのせます。

 

家族の好みに合わせて調味料などは調節してくださいね。

数の子の作り方関連ページ

伊達巻
伊達巻。甘くて、ふわふわしていて、おいしいですよね。子供たちも大好き!伊達巻は、結構簡単に作れるんですよ〜
紅白なます
「紅白なます」は、水引なますとも呼ばれ、おめでたいお正月料理には欠かせない一品です。おせち料理には、生野菜が少ないですから、少し余分に作ってもいいかもしれませんね、また、市販のおせち料理に追加で一品加えてもいいかもしれませんよ!
たたきごぼう
ごぼうは、その形から、細長く慎ましく生きる、という縁起をかついだ食材です。また、地中の深くまで根っこを張ることから、家業が堅固となることを願って使われています。「たたきごぼう」のレシピを紹介します。
栗きんとん
栗きんとん好きの方がいらっしゃったら、 がんばって、これだけでも作ってみてはいかがですか?栗きんとんは、「金団(きんとん)」という文字があてられ、富を呼ぶようにとの願いをこめて作られます。
田作り
田作りは祝い肴、あるいは屠蘇肴と言われる三種肴のうちのひとつで、小さいカタクチイワシを使って作るので、そのカルシウム豊富な栄養面もあり、子どもにもぜひ食べてもらいたい料理です。
黒豆
栗きんとんに並んで、我が家で人気のおせち料理といえば、黒豆。黒豆は、一年中まめに働いてまめに生きるという意味があり、健康にくらせるようにとの願いが込められています。

ホーム RSS購読 サイトマップ