2013年 お節料理ランキング 口コミで人気のおせち料理はどれ?

伊達巻の作り方

伊達巻。
甘くて、ふわふわしていて、おいしいですよね。
子供たちも大好き!

 

伊達巻は、結構簡単に作れるんですよ〜

 

今回は本格的にえびを使った伊達巻きのレシピを紹介しますね!

 

材料

 

卵…8個、
むきえび…150g、
塩…少々、
調味料(塩…小さじ1/2、しょうゆ…小さじ2、砂糖…大さじ6、だし汁…大さじ5)

 

作り方

 

  1. えびは背わたを取り除き、塩水で洗ってから水気を拭き、包丁で粗く刻みます。
  2. フードプロセッサーにむきえびを入れ、軽く回します。
  3. ときほぐした卵を少しずつ「2.」に加えて回して混ぜます。
  4. さらに調味料を加え、よく混ぜ、なめらかな状態にします。
  5. オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、「4.」を流し入れます。
  6. 200℃に温めたオーブンの中段で、こんがりと焼色がつくまで20分ほど焼きます。
  7. 焼きあがったら、焦げ目を下にして鬼すだれにとり、クッキングシートをそっとはがして、

    包丁の背で2cm間隔に浅く切り目を入れます。

  8. 鬼すだれの手前端を持ち、きっちりと巻いていきます。
  9. 巻き終えたら鬼すだれを輪ゴムで3箇所止め、そのまま冷まします。

 

今回手軽にフードプロセッサーを使ったレシピですが、もちろん、すり鉢に材料を順に入れて、
ていねいにすりつぶしながら混ぜていく方法でも作れますよ。

 

それから、鬼すだれがない場合は普通の巻きすで作ることもできます。

 

伊達巻の作り方関連ページ

紅白なます
「紅白なます」は、水引なますとも呼ばれ、おめでたいお正月料理には欠かせない一品です。おせち料理には、生野菜が少ないですから、少し余分に作ってもいいかもしれませんね、また、市販のおせち料理に追加で一品加えてもいいかもしれませんよ!
たたきごぼう
ごぼうは、その形から、細長く慎ましく生きる、という縁起をかついだ食材です。また、地中の深くまで根っこを張ることから、家業が堅固となることを願って使われています。「たたきごぼう」のレシピを紹介します。
栗きんとん
栗きんとん好きの方がいらっしゃったら、 がんばって、これだけでも作ってみてはいかがですか?栗きんとんは、「金団(きんとん)」という文字があてられ、富を呼ぶようにとの願いをこめて作られます。
田作り
田作りは祝い肴、あるいは屠蘇肴と言われる三種肴のうちのひとつで、小さいカタクチイワシを使って作るので、そのカルシウム豊富な栄養面もあり、子どもにもぜひ食べてもらいたい料理です。
数の子
数の子はにしんの卵で、一腹の卵の数が多いため、子孫繁栄をあらわす縁起物として昔からお正月料理のひとつに並べられてきたものです。お正月の三種肴として黒豆、田作りと並んでいます。
黒豆
栗きんとんに並んで、我が家で人気のおせち料理といえば、黒豆。黒豆は、一年中まめに働いてまめに生きるという意味があり、健康にくらせるようにとの願いが込められています。

ホーム RSS購読 サイトマップ