2013年 お節料理ランキング 口コミで人気のおせち料理はどれ?

おせち料理の詰め方

おせちといえば、お重に詰められている、というイメージが大きいですよね。
このおせちのお重ですが、基本は五段重と言われています。

 

ところで、このお重に詰めるのに、料理の順番って決まっているのでしょうか?

 

一般的には、

  • 一の重・・・祝い肴
  • 二の重・・・酢の物
  • 三の重・・・焼き物
  • 与(忌み数字の四をきらってこう書きます)の重・・・煮物
  • 五の重・・・控えの重

 

上記のようなものが、一般的な順番のようです。

 

もちろん、その土地や家風によっていろいろな風習がありますので、
必ずその順番通りにする必要はないと思います。

 

最近では、本格的な五段重は少なく、三段重が一般的のようですね。
市販のものも、三段重以上のものは、あまり見かけないですよね。

では、三段重は、どのように料理を詰めているのでしょう?

 

  • 一の重・・・口取りと祝い肴といった華やかな物
  • 二の重・・・酢の物
  • 三の重・・・煮物や焼き物

 

というのが一般的のようです。

おせち料理の詰め方の決まり関連ページ

おせち料理の意味
おせちの料理には、それぞれの名前に意味があるのですが、ご存知ですか?元旦に祝うおせち料理には、それぞれの料理に理由があり、子孫繁栄や豊作、長寿など、様々な願いを祈ったものが多いのです。
おせち料理の定番ってあるの?
おせち料理は日本の定番の伝統料理です。全国的に有名なものは、黒豆、田作り、数の子など縁起を担いだ目出度いものですね。さらに、地域や各家庭、年代によって新年を祝うための定番料理があるようです。
お屠蘇とは
お屠蘇は元日の朝に飲む、中国から伝わった漢方の薬酒です。 これを飲むと、一年の邪気を払い、寿命を延ばすと伝えられています。正式なお屠蘇は大黄や肉桂、防風、山椒、そして桔梗などの漢方薬を調合したものを絹の袋にいれ、みりんかお酒に浸して作るそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ